コアコンシンポジウム2019

~ コアコン3.0がこれからの健康にもたらす価値とは ~

健康への関心が益々高まる現代
リハビリ、コンディショニング、フィットネス、ストレングス、ボディメイク等の様々なアプローチがありますが、人々の健康を包括的にサポートする流れになってくるでしょう。
様々な分野とコアコンディショニングがつながっていくことでどのような価値が生まれてくるのでしょうか、健康においての運動の普及はどのように進んでいくのでしょうか。
その可能性を考えわくわくする一日になれば幸いです。
年に一度しかないこの機会にぜひご参加ください!

■第一部・基調講演 ~ 競泳日本代表トレーナー桑井太陽氏 ~
姿勢と傷害予防 ~トップアスリートが故障しないためのトレーニングシステム構築~
昔と違って、今のトップアスリートは怪我をしません。 壊れないから金メダルがとれる。これが当たり前になってきています。北京五輪からロンドン五輪にかけてトレーニングシステムが大きく変わりました。 そしてその要素には「姿勢」が深く関わっています。 そこを創ってきたコンディショニングトレーナー桑井太陽氏から、どのような目的で、何を行ってきたのかお話しいただきます。

■ゲスト講演
~ トヨタ自動車株式会社安全健康推進部運動トレーナーの諏訪雅貴氏 ~

■症例報告
コアコンディショニングを活用したセッションや治療による変化の実際をご報告いただきます。
その他、今後の取り組みについて報告させていただく予定です。
企画は随時更新していきます。
詳細につきましては以下の内容をご覧ください。

【日時/会場】
2019年11月17日(日)11時~16時
星陵会館(永田町駅徒歩3分)

【参加費(税込)】日本Gボール協会会員様特別価格 2,200円 (通常5,500円)

【お申込】
https://jcca-net.com/seminar_search/view/13135

【お問合せページ】
https://jcca-net.com/contact/