2018年度 テーマ

長谷川 聖修(理事長)

 会員の皆様をはじめ、多くの方のご理解とご支援をいただき、心より御礼申し上げます。 Gボールに乗れば、グラグラ、ピョンピョンと楽しさ「エンジョイ」一杯。また、Gボールは、元来、リハビリなどの医療的な分野で開発され、今や健康づくりからアスリート向けのトレーニング分野まで幅広く活用されてい ます。多様なボールは、関節本来のなめらかな動きや、調和のとれた筋バランスの獲得にも効果的という、さ らなる魅力も持ち合わせています。つまり、異なる分野における考え方をつなぐ「ジョイント」の役割として、G ボールは大きな力を発揮します。
 そこで、今年の活動テーマは、Gボールの「エン・ジョイ」と「ジョイ・ント」をつなぎ合わせて「エン・ジョイ・ント」 としました。Gボールの球形の”エン”が、心とからだのつながりや他者とのつながりを豊かにし、健康的で”ジ ョイ”あふれる人づくりを目指してまいりましょう。
 本年も会員の皆さんの益々の活躍を心よりお祈りするとともに、本会の活動に変わらぬご支援を賜ります よう、よろしくお願い申し上げます。