おうちで、簡単、気持ちいい!「ボールケア」で身体をリセット

JSA認定インストラクターの皆さまへ(中尾)

2020.5.14

JSA認定インストラクターの皆さま
 
いかがお過ごしでしょうか?
今日は皆さんと一緒に呼吸運動をやりたいと思います。
 
鼻から静かに息を吸って、ゆっくり長く吐きます。
呼吸に意識を向けて、さぁ、やってみましょう。
息を吸ったとき、胸郭(肋骨)が大きく広がるのを感じますね。
そして、息を吐くと胸郭は閉じて胸がやわらかく沈みます。
呼吸ごと肋骨の66の小さな関節が動いて骨に近い幾重にもある筋肉もほぐれだしています。繰り返すごとに身体の中からあたたかさが広がるようです。
次に肺全体に空気が染み渡るように静かに吸って、吐くときはさらにゆっくり長く吐き切りましょう。普段ではない深い呼吸で使えていない肺胞にも真っ赤な血液が流れます。エネルギーを作り出す能力が高まります。
横隔膜のダイナミックな動きで内臓も血管も活発になり、気持ちを落ち着かせてくれる癒しのホルモンがとうとうと流れ出します。
呼吸の質は高まり、自然に姿勢まで整います。10〜15回を目安にどうぞ。
 
身体は使ったように変わります。気持ちいいと思う動きは身体も心もすっきりします。その動かす術も体力もある皆さんのたくましい想像力で、さらに身体感覚を磨いていきましょう。
 
YouTube nakaoclub でエクササイズを少しずつ配信しています。
ぜひ一緒に動きましょう!
 

中尾 和子

参考 中尾和子のボールケア(動画シリーズ)Youtube nakaoclub